2011年03月10日

「寝ても覚めてもフィギュアスケート」

昨日3/9発売の「寝ても覚めてもフィギュアスケート」(D&Nライターズクラブ・¥1,365)にて、
「キスアンドネバークライ」作者の小川彌生さんがエマさんを取り上げています。
ツィッターで知り、昼休みに書店に走りました。
店頭でパラ見して血圧上昇。イラスト美しい…。
「私の妄想プログラム」という面白い企画の1ページで、
計5人の漫画家さんが、それぞれの妄想プログラムを展開しています。

現在、あちこちのページを行き来しながら楽しみ中。
中身がバラエティに富んでいて濃い…!
必見の演技紹介の中に、08年世界選手権の中野さんの「スペイン奇想曲」があったり、
今年のユーロ直後のサラ・マイヤーのインタビューがあったり、
制作サイドの熱意ががんがん伝わってくる一冊です。
A5サイズなので持ち運びも楽♪
フィギュアスケート関連の書籍はあまり買わないので、
他と比較しての感想は述べられないのですが、
買って損はない一冊かと思います。

表紙画像は後ほど…。
posted by セッカ at 19:51| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。