2013年01月29日

Canadian Nationals 2013 その4 1/18 男子SP

27日・28日と、代々木体育館で国体を見てきました。
27日は男子SP。女子SPは所要によりパス(村主さんの今季のSPが好きなので、良い演技だったとあとから聞いて悔しかったです)。
28日は男子・女子FSのほぼ全部。
色んなスケートをたっぷり見て、大満足です(*^_^*)

さて、今日も写真をアップします。
ようやく男子SP本番。

【1/18(金) 男子SP】
先日も載せたエマさん。
CanNats2013 1/18 SP本番

8リンクスからオーサーのところへ移って、ベスト着用の義務を果たしたナム・ニューエン君。
女性の皆様は口をそろえて"Cute!"の連呼でした。
その気持、とてもよく分かります(*^_^*)
日本にはショーマがいるよ! と、ちょっとだけ宣伝して来ましたw
CanNats2013 1/18 SP本番

グレアム・ゴードン君。ミッチェル・ゴードン君のお兄さん。
なんでみんな、ジャッジから見て左側に顔を向けるんでしょうね。
お陰で私の席からは、後ろ頭見放題でした。嬉しくない。
CanNats2013 1/18 SP本番

リアム・フィルス君。オールドファッションな衣装の意図が分かりません…。
蛍光色の似合う選手では絶対ありませんが。
水のような、癖のないスケーティング。癖がなさすぎて、濃い目好みの私にはちょい物足りない…。
CanNats2013 1/18 SP本番

アンドレイ・ロゴジン君。この衣装、ツィッターであるものに見えると読んでから、そうとしか見えなくなってしまいました(^_^;)
CanNats2013 1/18 SP本番

エラジ・バルデ君。このフラメンコSP大好き!
衣装もよく似合ってます。
この日はちょっと不調で、キスクラでの有香さんのアルカイックスマイルがいっそう謎めいていました。
CanNats2013 1/18 SP本番

ジェレミー・テン君。
隣の席の女性が"Good music!"とご満悦でした。
このプログラムは音楽解釈が素晴らしいのですが、この日は不調でした…。
キスクラにはニールがついていました。
CanNats2013 1/18 SP本番

ケヴィン・レイノルズ君。
持ち越しSPはドハマリプロ。ルール変更によりメリットがなくなったStSqの片足ステップを、今季も維持した理由は不明ですが、結果として正解だったのではないでしょうか。この時のガンガン進む勢いと言ったら! 今季成長著しい、スケーティングスキルの伸びっぷりをアピールするのにおあつらえ向きなのです。
CanNats2013 1/18 SP本番

パトリック・チャン君。
今季はここまでやや不調…かなり痩せたように見受けました。開いた襟から見える胸元も、あばらが少し浮いて見えるほどでした。胸元を隠す衣装に替えたほうがいいんじゃないかなあ。衣装にも振付師のメッセージが込められているはずですから、背中のレースも含め、あの開放部分が大事なのかもしれませんが。
CanNats2013 1/18 SP本番
それでもサクッと勝っちゃうんですけどね。

あれほどの実力を備えながら、すぐ後ろに迫るケヴィンがいて、パトリックは本当に恵まれていると思います。
五輪枠を考えた時、またモチベーションの問題に面した時、強力なライバルほど頼もしいものはないでしょうから。
ケヴィン、追い抜け追い越せ。
パトリック、抜かれるな。

がんばれカナダ男子!
posted by セッカ at 02:43| Comment(0) | TrackBack(0) | Canadian Nationals | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。