2013年02月14日

icenetwork.comの記事"Sandhu joyfully returns to competitive skating"

四大陸が終わりましたね。
何を今更、という話題ですが、私の中ではようやく「終わった」という実感が湧いてきているところです。
今回は日本開催ということで、夜行バス&安宿で全日程見てきました。
体力的な回復が、「終わった」という実感につながっているのかもしれません(笑)

カナダナショナルに引き続き、ケヴィンの充実したFSを見られたこと。
同じくムーアタワーズ&モスコヴィッチ組の美しいFSを見られたこと。
あっこちゃんの復調。浅田さんの3A。佳菜子ちゃんのノーミスSP。
ハンヤンのスケーティングとジャンプ、カルーザ君FSの歓喜、久々のハオ君。
楽しみにしていたヴァーチュー&モイア組のカルメンの中断。
色々、色々ありました。
客席で織田君のバヴァリアンオープンでの優勝と点数を知り、隣の席の人と苦笑しながら喜んだりもしました。SPでは明らかに、何かやらかした結果だったのに。ほんと、彼が大阪開催の四大陸にいないなんて。

さて、そんな四大陸の直前に出たエマさんの記事です。
タイミング的には、私が大阪に向けて出発した後の記事かな。

Sandhu joyfully returns to competitive skating

読んでみて1番感じたのは、目標を達成した喜びを噛み締めている様子でした。
今までの記事に比べて新しい内容は、COPに取り組んだ時の気分、ナショナルを終えての感想、これからの選択肢など。
特に気になるのは、「今後のオプション」です。下に引用します。

"Now, Sandhu said he's considering a number of options: continuing to compete, pursuing show skating full out or becoming a coach and choreographer."

競技の継続、アイスショーへ全力投球、コーチおよび振付…の、3点が挙がっています。
そのどれになるのかは分かりません。
なにせエマさんですから(笑)。

次にエマさんを見るのはどんな形になるんでしょう。
おそらくは、そして願わくば、リンクの上でありますように。
posted by セッカ at 22:26| Comment(0) | TrackBack(0) | Canadian Nationals | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。