2007年10月06日

1/19(金)その1:シャトルバスとNZ

今頃新横浜は長蛇の列かな。JGPやシニアの国際戦もあちこちで始まっていますが、やはり手の届く場所で本格的な試合が行われると、シーズン到来を実感しますね。私はテレビ観戦組です。現地観戦の皆様、どうぞ楽しんできてください。選手みんなが良いスタートを切れますように!

そんな巷を他所に、当ブログでは今年一月の記憶を再生中。やっと男子SPの日まできました。…えーと…。

この日一番具体的に覚えているのは、実は競技ではなく、その前の昼のできごと。
競技会場と公式練習会場を結ぶシャトルバスに乗り込んだ瞬間の光景です。
こわかった…。
(10/08加筆修正しました)
 
 
ナショナルの開催期間中、ハリファックス市内の主要ホテルの玄関口と、競技会場のハリファックスメトロセンター(HMC)、それに公式練習会場の市民センター(CC)を結ぶシャトルバスが、2路線走っていました。このことを知ったのは木曜日。その前の水曜日、CCへの往路にタクシーを使ったり、帰路には市内バスのバス停を探して凍えたりしていた私は小躍りでした。
それはそれで土産話にもってこいの冒険ですけれど、お勧めはいたしません。冬のカナダ(戸外)で迷子になってはいけません。ええ。

タイムテーブルによると、件のバスが滞在中のホテル前に来るのは毎時30分。そこで、11時30分の便に乗るべく25分あたりにロビーへ。玄関前が良く見えるソファにスタンバイ。

しかし。待てど暮らせどバスは来ない。

バスのみならず、バスを待っているらしい人影もない。フロントのお姉さん達にタイムテーブルを示しても埒が明かない。このホテルのロビーに置いてあったタイムテーブルだったんだけどな。
結局50分あたりで痺れを切らして、別路線のシャトルバスが毎時05分と25分に来るHMCへと向かいました(滞在ホテル前には来ない路線でした)。

幸い、ホテルからHMCの正面玄関へは歩いて7〜8分。道路は水曜日に積もった雪が溶けて、シャーベット状になっていました。坂道の途中にあるHNC玄関前で待っていると、正面に伸びる通りから道路を渡ってきた女性が、「Hi!」。うーとえーとあー、と考えて「…ダイアン?」「Excellent!」(笑)。前日にCCで知り合い、市内バスの使い方を教えてくださった親切な方でした。ジュニアのダンスがお目当てとのことで、彼女はHMCの中へ。別れた直後、なんと前日のお礼を言い忘れていたことに気づき、その後の会期中ずっと彼女を探しましたが、結局会えませんでした。後悔…。

シャトルバスは意外にも、長距離路線用サイズの立派なバスでした(4列の座席が全部前を向いていて、中央を通路が貫いているタイプです)。なんとなく通常の市内バスを想像していたので、まずはサイズにびっくり。

そして乗り込んだ瞬間、ぎょっ

この日の天候は曇り時々雨。バスの中の暗がりに目が慣れるのに少し時間がかかりました。その中で光る目、目、目!!!
なんとそこにいらしたのは、公式練習会場に向かう選手の皆さんでした。
男子SPの練習にちょうど間に合うバスだったので、一部選手と鉢合わせしたものと思われます(でも女の子も複数いたような…)。人数はおそらく十数〜二十人ほど、試合前のぴりぴりとした空気が肌を刺します。ものすごく場違いなところにいる気がして、でも降りるわけにもいかず、そそくさと適当な席に潜り込みました。他に選手ではない人は乗っていたんだろうか…全く思い出せません。周囲を見回す気にもならず、縮こまっておりました。
本気で怖かったです(汗)。

そして。
9ヶ月経った今になって、あれは関係者用のバスだったんじゃなかろうかという恐れに、またも背筋がひんやりしてきました。
でも、金・土と使って一度もそんなこと聞かなかったし、タイムテーブルにも何も書いてなかったし、だいたい英語も怪しい外国人なんだから、部外者ってのは瞭然だったろうし。そうだ、土曜日は同じホテルに宿泊していた人たちもぞろぞろ乗り込んでた! 金曜日の帰り道も、一般の方と思われる人たちが沢山いた!!
きっと大丈夫。うん(汗)。

------------------------------

ところで、ジェフのジャーナルが更新されたそうですね。
いつも素敵な訳をして下さるサイトさんで、訳されたものを読みました。
「おっ」と思ったのは、ジェフがキウィになっていたかもしれない、という部分。

私がカナダ行きを決めた動機のひとつに、キングストン在住の知人を訪ねたいというものがあったのですが、この人たちと知り合ったのがNZでした。そうかー、ジェフはあの国の人だったのかもしれないんだ。似合うな。
広い空とちょっと保守的なにおいのする街と、素朴でフレンドリーででも根っこは頑固そうな人たちと、沢山の羊と牛と犬と、南十字星。広大なU字谷に響き渡る夜明け前の鳥の合唱。

もっかい行きたいなあ。
ラベル:ナショナル 練習
posted by セッカ at 13:08| Comment(0) | TrackBack(0) | Canadian Nationals | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。