2008年01月16日

1/20(土)その3:男子FS最終グループ5人目から

手が痛くなるくらい拍手しながら、気が気ではありませんでした。次はエマさん。この拍手と歓声の中に出て行かなくては、しかもバトルを先に見た観客を満足させなくてはなりません。どうするんだろう、どうなるんだろう、とほとんどしびれたような頭でキスクラを見ると、黄色いのっぽな人影がするっと出て行きました。

男子最終グループ6分間練習
この時私は何故かキスクラ脇低レベルの席にいたのですが(右写真(6分間練習)参照)、ほんとにするっと、何の無理もなく歓声の中へ溶け込んでいった背中を、今も鮮明に思い出します。会場もほどなくしんと鎮まりました。
期待と緊張の中、演技開始。「Where strangers meetほか」。
 

 
冒頭4T、成功。歓声の爆発、オーバーターンを挟んで3T。歓声二段ロケット発射。目の前で4T見ました。高かった。
とても丁寧な滑りだったという印象があります。音楽はもちろん大音量、歓声も拍手も最大級。でも思い出すと、とても静かで引き伸ばされたような時間だったように感じます。多分私がそれだけ集中していたと言うことなのでしょう。エマさんの集中に引きずられた部分もあるんだろうな、きっと。
3A、成功。もう一度、金切り声成分が大きい歓声。変形スパイラル、短いイーグル、3Lz。柔らかい腕の動きがとてもきれい。バックワードとフォワードのスパイラル、アクセントの2A、変形キャメルから片膝を抱くスピン。曲調が変わって小さなインサイドイーグル、3A片手をついて2T。サーキュラーステップはひらひら。変形アップライトスピン、片手を爪先にやって変形A字? 3Sは集中が切れてお手つき(片方)、セカンドは1Tに。ここからごく短い助走で3Lo、これはきれい。持ち直してストレートラインステップ(ウィンドミル入り)。このへんのインド舞踊色の濃い振付は気を抜くとすぐに台無しになってしまうけれど、この時は気合が入っていました。フライングシットスピン、中央に戻ってキャメルからのシットスピン、A字。チェンジフットしてキャメル、アップライト。腕を広げて天井を仰いでフィニッシュ。
スタンディングオベーション。

ソーヤーを見て、バトルを見て、エマさんを見て、この日HMCに集ったフィギュアスケートファンは幸せに酔ったと思います。というか私がぐでんぐでん。なんなのこのフルコース。
そしてトリを勤めるのはメイビー。前日、バトルに次ぐ歓声を博した彼を、幸せな観客たちは歓呼の声で迎えました。サイバーに続きエキゾチックなプログラム2本の後に来た「ビッグバンドメドレー」。これぞ北米というジャズナンバーに、会場が盛り上がらないわけがありません。

……多分この時点で、多くの人の頭の中には、1位バトル、2位サンデュ、3位メイビーという図式が浮かんでいたのではないかと思います。事実、TV放送での解説者も、演技終了から点数が出るまでのコメントで、メイビー3位が前提の発言をしたりしています。

3Loこらえた、3Aこらえた。3Lz-3Tクリーン、シットスピン。随所に入る手を打つ音が、意外に大きく会場に響く。デスドロップからシットスピン、曲調が変わって1A、苦笑。スムースな3F。3Lz。スネアドラムの音に乗せてストレートラインステップ。2F、失敗を想定したかのような、汗をぬぐう振付に会場から笑いが。ノックの振付からいきなりの2A。この部分大好きです♪ キャメルからシットスピン、A字、チェンジフットして深いシット。トランペットが軽やかに鳴り響き、サーキュラーステップ。また手を打つ手を打つ。お客さん大喜び。フライングキャメルからシット、アップライトでチェンジフット……あれ、こここんなに遅かったっけ? あれ、終わってからの表情が冴えないぞ。呆然としてる。会場で見ていた分にはものすごい盛り上がりだったんだけど、本人はこんな顔してたんだ……。



結果は、ご存知の方はご存知の通り、1位バトル、2位メイビー、3位サンデュ。
サンデュがシニアに上がって10年、初めての銅メダル……とかいうことは、実はこの時の私の頭の中にはありませんでした。何でかなあ。ただサンデュが東京に来る! また見れる! 会える! という驚きと(何故か驚いてたんですね、何故か)喜びでいっぱいでした。
来て良かった、この時この場所にいてよかった、この素晴らしい試合に立ち会えてよかった。
それだけで体中いっぱいでした。










あー、だからか。また記憶吹っ飛ばしたんだな。
すぐそこのキスクラでメイビーとバトルがハグしてたり、インタビュー受けたりしてたはずなんだけど、全然見た覚えがないや……(爆)。
posted by セッカ at 00:02| Comment(0) | TrackBack(0) | Canadian Nationals | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/78753054
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。