2013年07月17日

BCサマースケート

ご無沙汰しております。セッカです。
しばらーく静かだったエマさん関連情報ですが、自分が私事でめちゃくちゃ忙しくなった途端、飛び込んできました。
今年のBCサマースケートの出場者リストに、Emanuel Sandhuの名前があります。

http://www.skatinginbc.com/competitions/super-series/2013-super-series-summerskate

上記URLのページの"Skater Groups"というリンクをクリックすると、エントリリストのPDFファイルが見られます。
その8ページ目5行目(昨日確認時点)に、ケヴィンとジェレミーに挟まれて、エマさんの名前が!ヽ(´▽`)/
また、演技が見られる(かもしれない)!!

上記ページ"Competition Schedule as of July 15"より日時を抜粋。

日程:8/15-18(日本時間8/16-19?)
シニア男子SP:8/15 13:30-14:30(日本時間8/16 05:30-06:30くらい?)
シニア男子FS:8/16 14:00-15:15(日本時間8/17 06:00-07:15くらい?)

あちらはサマータイムということで、時差16時間で計算しました。間違ってるかもなので、正しい日時はご自身であらためて計算することをおすすめします(^_^;)

なお、試合の様子はライブストリーミングがあるそうです(上記ページ"Announcement"より)。
この日時が正しいとすると、残念ながら、私はライブを見ることができません。゚(゚´Д`゚)゚。
アーカイブを楽しみに、仕事を頑張ります。

エマさんがんばー!!!

あっ。8/17って、もしかして土曜日?
それならフリーだけは、見られる…?
posted by セッカ at 07:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 競技会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月10日

記事:"Sandhu hot on comeback trail"

Sandhu hot on comeback trail

この土日に行われたSkate Canada Challengeの会場で
行われたインタビュー取材の記事です。
競技スケートに戻った理由と、現在の展望についての
コメントが載っています。

現時点で最後となっている試合が望む形のものではなかったこと。
スケートを離れて色々な振付師と仕事をしたことで、ものの見方が変わったこと。
スケートを愛していること、それ故にもう一度競技の場に戻ること。
良い形で去りたいこと。
今はできるだけのことをするだけ。でも先のことはわからないよ、と
最後に釘を差しています(笑)。

私の拙い訳では不正確きわまりないので、
是非原文にあたってください。
posted by セッカ at 18:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 競技会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Skate Canada Challenge 2013の結果

大会名につく数字が2013なのが面白いです。
Nats2013に向けての予選だからでしょうか。
この早朝に行われたFSの結果を受けて、
Challengeの最終結果が出ました。
男子上位のみ抜書。

1位 エラジ・バルデ 72.85 130.80 203.65
2位 ミッチェル・ゴードン 59.82 131.87 191.69
3位 ギャレット・ゴセリン(ゴズリン?) 67.00 124.19 191.19
4位 ナム・ニューエン 49.94 123.98 173.92
5位 エマニュエル・サンデュ 56.46 116.73 173.19

Rank Competitor(s) Section SP FP Points
1 Elladj Balde QC 72.85 130.80 203.65
2 Mitchell Gordon BC/YT 59.82 131.87 191.69
3 Garrett Gosselin SK 67.00 124.19 191.19
4 Nam Nguyen CO 49.94 123.98 173.92
5 Emanuel Sandhu BC/YT 56.46 116.73 173.19

ナショナルへの出場枠数は12、シード権を持っている
エラジ君がいるので13位までの人が全国大会に出られます。
エマさんも通過。実際に出るかどうかはまだ不明です。

**********

はーーーーーーーーキンチョーした。
今はもう、ちょっとエネルギー切れです。
昨日の日曜日は、未明にGPF男子見てちょっと寝て起きて、
Challenge情報チェック→Challengeシニア男子SP観戦、
そっからオール関東最終日観戦6時間、
日付変わって早朝のChallengeシニア男子FS観戦。
疲れと緊張でいっぱいいっぱいの目に、
エマさんのChSqが染みました。美しかった。
スパイラル、イーグル、イナバウアーのMIF満載コリオ。
コリオ導入ありがたやありがたや…。

手元のメモとプロトコルを照合した結果、
実施ジャンプは下記の通り。

SP: 3F-3T, 1Lo, 2A
FS: 3Lo, 3F-2T, 1Lz, 3Lo-2T, 2A, 3F, 3T-2T-2T, 3S

SPの2Aの片手つきとLoの抜け、FSのLzポップ以外は綺麗でした。
(追記)あと、3連続のファーストジャンプがオーバーターンでした。
つなぎやステップ・スピンは、お休みしていた間のルール変更に
対応が間に合わず、色々もったいない感じです。
特にスピンはBついてるし(^_^;)
軸がとても綺麗で、ポジションは言うまでもなしなので、
ルール対応できたらもりもり点数上がっていきそう。

今回の演技の動画は、Skatebuzzに登録すれば
アーカイブで見られます(有料、20ドル弱)。
今回のChallengeはジオブロックはありませんでしたが、
今後の大会のストリーミングに関しては、
日本から見られる保証はありません。

繰り返しになりますが、この後の競技予定については不明です。
(アイスショー情報はあります)
ナショナルに出てくれたら、もしかしたらJsportsで放送されるかも、ですが。
どきどきどき。
posted by セッカ at 09:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 競技会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月13日

遅くなってすみません。エマニュエル・サンデュ欠場のお知らせ。

エマニュエル・サンデュ欠場のお知らせ
アナウンス→http://www.skatinginbc.com/news/emanuel-sandhu-withdraws

11/11(金)昼過ぎ、サンデュがセクショナルズを故障欠場する旨がアナウンスされました。上記アナウンスのコメント部分のみ和訳しました。ほぼ直訳であり、翻訳を生業としているわけではないので、誤訳等の可能性が拭えないことをご承知おきください。また、間違いがありましたら、ご指摘いただければ幸いです。

<訳ここから>

エマニュエルのコメント:「最近になって足を負傷し、また、アイスショーのスケジュールとの兼ね合いで準備時間が足りなかったこともあり、今回、競技に参加するのは適切ではないだろうと感じています。」「私は競技に戻ることをとても楽しみにしていましたが、それは自分が健康で、挑戦するための準備が調っていることが前提です。他の出場者の、ケロウナでの、そしてシーズンを通しての幸運を祈ります。」

テッド・バートン(SC BC/YTのエグゼクティブディレクター)のコメント:「私たちはエマニュエルの氷上復帰を迎えるのを楽しみにしていましたが、現在の状況に基く彼の決断に全幅の敬意を払い、支持します」「スケートカナダBC/YTセクションは、彼の今シーズンの残りが素晴らしいものになるよう祈っています」

<訳ここまで>

今日のNHK杯の録画予約を綺麗さっぱり忘れていて、EXの一部・豊の部屋、FD、ペアFSは見られなくなりました。
金曜日以降、録画予約のことが頭からきれいにすっ飛んでいましたとさ…。
posted by セッカ at 21:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 競技会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月09日

Super Series - 2012 Skate Canada BC/YT Sectionals

今日未明、エマニュエル・サンデュがブリティッシュ・コロンビア/ユーコンテリトリーの
セクショナル(日本の地方ブロック大会に相当)にエントリーしていることが明らかにされました。

初報のCBC記事:Sandhu making comeback

セクショナル公式サイト:Super Series - 2012 Skate Canada BC/YT Sectionals
スターティングオーダー(PDF注意):Senior Men Short Program
イベントスケジュール(PDF注意):Schedule of Events

Super Series自体の期間は11/10-13ですが、カテゴリが多いので、
シニア男子はSPが11/12(土)朝7:50ごろ、FSが11/13(日)の13:50ごろの
開始のようです(ツィッター情報)。
有難いことに、この試合はストリーミング配信があります。

Skatebuzz Live Streaming of BC/YT

シニア男子の出場者は5人。サンデュの滑走順は2番目です。
長い故障休養からの復帰戦となるジェレミー・テンや、
昨年のジュニアチャンピオンのナム・ニューエンもいます。
というか、マクロードコーチの弟子で過半数を占めています(笑)。

エマさんが、そして出場するスケーターの皆が、試合を心から楽しむことができるといいな。
土曜日の朝はPCの前で正座予定です♪
posted by セッカ at 17:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 競技会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月29日

全日本&五輪選考

結局バンクーバー公演のレポもハンパなまま、
金曜日の夜行バス&日曜日の終電一本前の新幹線で
行ってきました新大阪。
五輪シーズンの全日本を、土・日にかけて観てきました。
行ってよかった。

高橋君の表現にはますます磨きがかかってきました。
FSの出だしのけっつまづくところから大好き。
審査員席へのアピールの時は、ついオーロラビジョンを
振り返って見てしまいました(土曜日は天井桟敷席)。
彼自身、演技をするたびに何かしら発見をしているのではないかなあ。
見るたびに充実していきます。

織田君は出だし固かったけれど、途中から緊張が解けたのか、
一気に本来の華やかさが出てほっとしました。
六分間練習から、3Tすら軸が二つくらいあるような跳び方を
していたので、4Tは挑戦するかな? と思っていましたが、
挑んできましたね。
間違いなく次に繋がる大きな挑戦ですね。

小塚君はクレバーに手堅く。
エレキもだんだん馴染んできたかな?
大きな動きと美しい円弧には、遠くから見たからこそ分かる
ものもあるのだな、と教えてもらいました。

ほか、つれづれと。
(長文注意!)
 
続きを読む
posted by セッカ at 01:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 競技会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月12日

東京ブロック

どうも今週は、SYTYCD Canadaのスポイラー(ネタバレ)情報はないようです。
番組側の締め付けが厳しくなったのか、
あるいは感謝祭(Thanksgiving Day)のために収録参加者が少なく、
ネタバレ情報を流せる人が現場にいなかったのか…
(後者は考えにくいように感じますが)。
ともあれ、今回はエマさんの負傷が案じられるだけに、
放送まで心臓に悪い約一日半を過ごすことになりそうです。
鶴でも折るしかないか…。

話は変わって、この週末に行われました東京ブロックを観に行ってきました。
おかげで、SYTYCDの写真まとめができませんでした…。
よろしければ、公式サイトを当たって下さい。
 
続きを読む
posted by セッカ at 22:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 競技会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月30日

Like I Love You - Justin Timberlake



テキストリンク:http://jp.youtube.com/watch?v=P6WLU6GjNxA


ぎゃあああああああ!!!!!
これ、これがずっと見たかったんです。
ありがとうございますmasayanさん。
以前はYouTubeで見ることができたのに、ほとんど見ないうちに消えてしまった動画。
それをアップロードして下さいました……!
うわー、ティンバーレイクだ。Like I Love Youだ。2003GPFのガラだ。
これを2006年のジャパンオープンで生で見たんだ……これがさいたまスーパーアリーナでスタオベの嵐を呼んだんだ。うわあ。

いやもー興奮で何言うか分かりません。
そうかーBS1で放送したのかあ。
試合はちゃんと録画したのに、このガラを見なかった&録画しなかったなんて、阿呆すぎるよ自分。
録画して何度も見てたら、それだけで満足しちゃって、カナダに行こうなんて衝動ももらわなかったのかもしれないけど。
でも、ずっとずっと見たかったのも本当の本当で。
むちゃくちゃ嬉しいです。
あらためて、ありがとうございます〜!
posted by セッカ at 00:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 競技会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月24日

今更ですが東京ブロック(二日目)

スケートアメリカも始まろうかというタイミングで、また空気読まない投稿をいたします。
既に二週間も前の話になりますが、東京ブロックを観に行って来ました。
通い始めてまだ三年目。年々混雑が増していきます。
今年はとうとう入場制限がかかったとか…。

今回何より印象に残ったのは、村主さんのSPでした。滑らかに華やかに、一人別世界の滑りを見せてくれました。特にストレートラインステップが美しかった。右に左に、そして上方にも、空間を大きく使っていました。表現の語彙が乏しいのが悔しい。
そうそう、FSでは3Sを戻してきたのでした。ジャッジ正面逆サイドでぱーん!と跳んだときはもうどよめき。6分間練習でも跳んでいたので期待はしたけど、ほんとに見事に決めてくれました。
華奢な印象の強い村主さんですが、今年はしっかりビルドアップしてきて、力強さも感じました。

村主さんの話ばかりではいかんですね(汗)。
以下、ジュニア取り混ぜていろいろ。
知識も目もありませんので、印象語りになっております。
長いので畳みます。
 
続きを読む
posted by セッカ at 21:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 競技会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月28日

今カナダが面白い

なんかベタなタイトルですが。

スケートアメリカの男子シングル最終結果が出ましたね。
プロトコルはこちら→ フリースケーティング / ショートプログラム

なお、Webでストリーミングライブを視聴する方法があることを今日になって知り(爆)、キャリエール君以降のみ見ることができました。

優勝は高橋君がSPの貯金で逃げ切り。SPほんとに良かったですもんね。技術上のことだけでなく、プログラムの斬新さで群を抜いていました。あのプログラムの最終形態がどんなものになるのか、非常に興味を惹かれます。

ライザチェックは怒涛の追い上げも及ばず2位。ほんとにフリー強いなあ。白いサテンシャツがお似合いでした。
残念なのは、新しいプログラムなのに、新味が感じられない点。特に今回は高橋君がかっ跳んだことを結構なレベルでやってるので、それが目立ってしまった感があるかな。

3位はチャン君! うわあ、すごい。&びっくり。「四季」は何度か見ているはずなのですが、惹き込まれてしまいました。3Aきれいだったあ。これでシニア2シーズン目、16歳。レイノルズ君よりちょっと下なんですよね。何と言いますかもう。
スケーティングの綺麗さというのは、その人の世界を完成させるのに不可欠な要素だと強く感じました。

エマさんが出る出ないとは別の次元で、またカナディアンナショナルに行きたくなりました…見たい。見たいよ今季のナショナル。
円熟のバトル、そのバトルを先日下したメイビー、新星…と言うには少々大粒なチャン君。ラッセル君、レイノルズ君、フォータン君…上から下まで下克上の気配が充満してます。
ジョアニーも脂が乗ってきているし(←女の子にこの形容はどうよ)。ミラちゃんも勢い衰えず(canada.com記事)。

ヴァーチュー・モイア組もいるしなー。
デュブ・デビソンにカークランド・ラドフォードもいるしなー。
手の届かないものほど欲しくなるもので…。ううう。
posted by セッカ at 13:33| Comment(4) | TrackBack(0) | 競技会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月16日

Octoberfest

忙しくしている間に、Octoberfestちゅーもんが始まって終わっていたようです。
おー、フォータン君出てるじゃないか。
プロトコルの勉強のお時間です。

…なんかフォータン君とプロトコル学習がセットになってきたなあ。

ところでジェフが総合2位になってます。びっくり。どうもジャンプが不調だそうですね。体つきがかなり変わったことが影響してるんでしょうか。見当外れのこと言ってるかな。
仮にそうだとしても、女子ならシニアに上がる頃に必ず受ける洗礼なんですから、男だからって負けてられませんね。言わなくても頑張ってるだろうけど。頑張りー。

さてプロトコルを読んでみる。ざざっと。
ざざっと…………長くなったーーーー!(泣)
 
続きを読む
posted by セッカ at 23:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 競技会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月27日

Ondrej Nepela Memorial とネーベルホルン

気がつけば、Ondrej Nepela Memorial のプロトコルが上がっていました。

http://www.nepela.kraso.sk/entries-results/2007/

週末にネーベルホルンの結果と合わせてじっくり…見る時間があればいいなあ(ため息)。

そのネーベルホルン、いよいよ開始。

http://www.eislauf-union.de/NebelhornTrophy2007.html

カナダからの参加は以下の通り。

男子
ヴォーン・シプール
ジョーイ・ラッセル

女子
…あれ?

ペア
デュハメル・ブンタン組始動!
カークランド・ラドフォード組 ←気になる若手。

アイスダンス
ジラード・ドハティ組
ハン-マカーディ・コレノ組

ラッセル君の国際戦シニアデビュー、それにオスマン、ベルネル! マチプラは連戦ですね。
そして種目ではペアが楽しみ。
カナダの注目の2組に加え、サフチェンコ・ソルコビー組がいるので♪
女子はカナダ陣ゼロ。シェベスチェンが連戦、コストナーとカラデミルもいます。
しかしもちっと勉強せねばな。予習が足りない…。
(=分からない選手多すぎ。)
posted by セッカ at 23:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 競技会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月23日

2007 Ondrej Nepela Memorial 結果

最終結果出ました。
http://web.icenetwork.com/events/detail.jsp?id=34480


<女子最終結果>
1.シェベスチェン(ハンガリー) 165.43
2.ブーロ(米) 138.04
3.マコーケル(英) 135.71

シェベスチェン圧倒。今大会男子に遜色ない点数。
…つーか男子が低い。

<男子最終結果>
1.バンデルペレン(ベルギー) 165.71
2.ラロッシェ(米) 158.42
3.ウルバス(スロベニア) 158.28

SP1位のラロッシェ(ラロシェ?)は転倒2回で沈んだ模様。

<ペア最終結果>
1.ブロデュア・マタトール(加) 131.52
2.コスフォード・シェール(加) 119.83

<アイスダンス最終結果>
1.デロベル・シェーンフェルダー(仏) 192.52
2.スリナ・マチュク(オーストリア) 150.51
3.グレベンキナ・アズロヤン(アルメニア) 149.82

グレベンキナ・アズロヤン組がCDでの失敗を挽回して銅メダル。
カナダのカラム・オキーフェ組は4位(140.25)。
同ラモリュ・ミー組は最下位の6位(132.22)でした。

以下FS。
 
続きを読む
タグ:結果
posted by セッカ at 09:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 競技会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月22日

2007 Ondrej Nepela Memorial 途中経過

9/20(現地時間)から始まっている Ondrej Nepela Memorial の途中経過が出ています。
http://web.icenetwork.com/events/detail.jsp?id=34480

現在女子・男子・ペアのSPとアイスダンスのCDとODまで終わっています。
点数の後の括弧内は(TES/PCS/Ded)。

<女子SP>
1.シェベスチェン(ハンガリー) 61.82 (34.44/27.38/0)
2.ブーロ(米) 49.28 (26.85/22.43/0) ←名前の発音が良く分かりません(汗)
3.ポスチック(スロベニア) 44.02 (22.95/21.07/0)

<男子SP>
1.ラロッシェ(米) 58.53 (32.30/26.33/0)
2.バンデルペレン(ベルギー) 56.25 (27.04/29.21/0)
3.ブルンメル(独) 53.30 (28.50/24.80/0)

<ペアSP> …結局カナダの二組のみ。
1.ブロデュア・マタトール(加) 48.24 (29.08/20.16/0)
2.コスフォード・シェール(加) 43.90 (25.74/19.16/0)

<アイスダンスCD>
1.デロベル・シェーンフェルダー(仏) 37.63 (17.90/19.73/0)
2.スリナ・マチュク(オーストリア) 27.83 (14.87/12.96/0)
3.カラム・オキーフェ(加) 26.46 (13.92/12.54/0)

<アイスダンスOD>
1.デロベル・シェーンフェルダー(仏) 59.52 (29.50/30.02/0)
2.グレベンキナ・アズロヤン(アルメニア) 47.74 (25.52/22.22/0)
3.スリナ・マチュク(オーストリア) 46.28 (25.49/20.79/0)
 
続きを読む
posted by セッカ at 13:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 競技会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月02日

Thornhill サマースケート レポート記事

少し前のことになりますが、ThornhillサマースケートのレポートがISUフォーラムに上がっていました。
8月後半はオフラインで忙しくしていたもので、現在情報を追いかけ中です。

8月23日投稿記事:
http://forums.isu.org/viewtopic.php?p=13193&sid=705b7656edb2c431386afbd886d17d41#13193
8月24日投稿記事:
http://forums.isu.org/viewtopic.php?p=13197#13197
(上のよりも長めです)

棄権が多いなあ、これが普通なのかなあ、と思っていたら
あまり普通のことでもなかったようです。
 


続きを読む
posted by セッカ at 01:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 競技会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月09日

サマースケート

マリポサガラツアーの出発日は今日だったそうですね。
エア・カナダ直通便は夕方5時過ぎに成田発。皆さん今頃空の上です。
トロントはそろそろ朝の8時半。ガラの開幕は夜7時。
飛行機のトロント到着は午後3時半だそうなので(1月に乗った時とそっくり同じだなー)、飛行場をチェックアウトして到着してホテルに荷物を置いてすぐにガラ! という息つく間もないタイムテーブル。ハードだ。
でも、疲れる前に全エネルギーを鑑賞に費やせるという意味では良いのかも。
皆さん、力いっぱい楽しんできてください!
レポ楽しみにしていますー♪

ところで、カナダのサマースケートが来週の8/16-19に迫りました。
 
続きを読む
posted by セッカ at 21:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 競技会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月14日

玉虫色の

奇跡的にチケットが手に入り、男子シングルのSPとFS、そしてガラを見ることが出来ました。あ、あと18日の公式練習も。これってビギナーズラックでしょうか(世界選手権観戦は初めて)。

エマさんの成績は置いといて(置いとくしかない)、非常に! 得るものの多い数日間でした。いや、チケット探しに奔走した期間も含めると、数日じゃ利きません。そして最近はブログを回って、世界選手権の感想記事めぐりです。皆さんすごいです。どうしてあの会場にいて、ここまできちんと覚えていられるんだろう。目の出来と観戦経験が違うんだろうな、と思うしかありません。

私なんて、すっかりさっぱり忘れました(おい)。

去年のJOよろしく、興奮と熱狂の中にぜーんぶ置いてきてしまいました…。



そんな中で、印象に残っている選手がひとり。

続きを読む
posted by セッカ at 00:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 競技会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。